お肌に塗ってもフコイダンは効果的?ローションやクリームについて

    
     

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

フコイダンはお肌に塗ってもよいのでしょうか?
現在美容液も販売され、保湿効果があることが実験の結果解りました。
またエイジングケアもでき、お肌がとてもしっとりしてきます。

・お肌に塗ってもフコイダンは効果的といわれているのは?

フコイダンをお肌に塗って4週間塗り続けた実験で、保湿効果が現れました。
フコイダンのヌルヌルとした成分が、肌の表面に保護膜を貼り水分の蒸発を防ぐ機能になっています。
また、体内に呼吸することで酸素を取り入れると、一部が活性酸素となり正常細胞を傷つけます。
活性酸素が増えると老化現象が起こってきますね。
フコイダンには高い抗酸化作用があり、肌荒れを防ぎ肌表面のバリアを守って、肌が本来持っている肌の健康状態を自然治癒力で高めます。
ですから、フコイダンを塗ると保湿効果が十分となり、アンチエイジングケアもできるのです。
フコイダンには体の中では作られない、必須アミノ酸が9種類バランスよく入っています。

スポンサーリンク

・フコイダンのローションやクリームはどうなの?

フコイダン保湿ローションは、アトピー性皮膚炎などの皮膚も改善できる保湿力が高く保湿が持続します。
口コミを見る限り肌に合わない人もいるようですが、アトピー肌の敏感肌でも安心できると考えられています。
アトピーなどのかゆみは、皮膚が乾燥するから起こるのです。
皮膚が乾燥すると、バリア機能は低下します。
アトピー性皮膚炎になる人の皮膚は、正常な皮膚より皮脂膜の量や脂質の層と水分子の層が規則正しく重なり合っている細胞間脂質量が少ないのです。
ですから保湿を維持することが、アトピー性皮膚炎を緩和できるのです。
またフコイダンは、メラニンの生成を抑える作用の18種類のアミノ酸コラーゲンといった美容成分配合のクリームも製造されています。
汚染度の低いモズクを使用して、アミノ酸がバランスよく入っています。
クリームベースには浸透作用のあるレシチンを使い、リン酸を基に結合した物質のヌクレオチドを配合しています。
また、生体内のエネルギー貯蔵及び代謝に欠かせないアデノシン三リン酸などが配合されているのです。

このようにフコイダンはお肌に塗っても保湿効果がありお肌を守り、エイジングケアもできるのです。
そして、ローションやクリームももう市販されています。

スポンサーリンク

PAGE TOP