フコイダンで花粉症対策はなぜ効果が期待できるのか?

    
     

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

フコイダンで花粉症が改善するというのは本当のことでしょうか?
花粉症はなぜ起こるのでしょう。
フコイダンで花粉症が改善するメカニズムについて詳しく見てみました。

・花粉症はなぜ起こるの?

花粉症自身が人間の体に害を及ぼすものではありませんが、人間の体の中の免疫システムが、花粉が体内に侵入すると異常を起こします。

免疫システムは人間の体に侵入してきたものは、本来害であるとみなして攻撃を仕掛けてくるのです。

私たちの体にウイルスや異物が侵入すると、免疫細胞が働きウイルスや異物と闘うのです。

免疫細胞によりIgE抗体という物質が作られ、私たちの目や鼻にある肥満細胞と呼ばれるものに結合し、体内に再び侵入してくるのを防ぎます。

これはいわゆるウイルスや異物のコピーのようなもので、再び同じものが侵入するとIgE抗体と結びつき、肥満細胞はヒスタミンという化学物質を放出します。

このヒスタミンが神経を刺激することでアレルギー反応が起こり花粉症となるのです。

スポンサーリンク

・フコイダンで花粉症がなぜ効果をもたらすの?

花粉症は免疫システムの異常から起こるもので、フコイダンにはIgE抗体の発生を抑制する働きがあるのです。

免疫システムが異常を起こす原因に、免疫力の低下が挙げられます。

免疫力を管理する細胞を免疫細胞といって、この細胞の7割は腸で作られているのです。

腸内環境が悪くなると、免疫細胞が低下するため、花粉症をやわらげるには免疫力をアップしなければなりません。

フコイダンのヌルヌル成分は便通をよくするので、腸の中の有害物質を体外に排出し便秘を改善します。

また、NK細胞のナチュラルキラー細胞やマクロファージという、免疫細胞を活性化する働きもあるのです。

このNK細胞は体の中で異常細胞を見つけると、最初に攻撃し体内を常にパトロールしています。

体の中で異常細胞を見つけ攻撃し、病気の発生や悪化を防いでくれるのです。

フコイダンを食すると、NK細胞が活性化し免疫力を高めてくれます。

免疫力が高まれば花粉症も改善されるのです。

また、食物繊維であるフコイダンも腸の状態を整える働きをしてくれます。

フコイダンで花粉症の改善が期待できるのは、花粉症のメカニズムの中のIgE抗体の発生を抑える働きを持っているからなのです。

腸の中の免疫細胞が活性化することで、免疫力を高め花粉症をやわらげてくれます。

スポンサーリンク

PAGE TOP