アトピー肌対策にフコイダンがよいのは本当なのか?

    
     

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

アトピー性皮膚炎になると、自然に肌をかきむしるので、悪循環を繰り返しますね。
アトピー性皮膚炎にフコイダンがよいのは本当のことでしょうか?
あのねばねば成分が化粧品にも使われ、アトピー性皮膚炎に効果があったという口コミも多く見られます。 

・アトピー性皮膚炎について

アトピー性皮膚炎は幼少期に始まり、成長するとともにある程度改善されてきます。
根本的には治療が必要となり、生活習慣やスキンケアなどを両立させながらのケアが必要となります。
アトピー性皮膚炎になると、みなさんが悩むのは痒みです。
炎症している部分を自分で掻いて、症状を悪化させる悪循環を起こしています。
アトピー性皮膚炎を引き起こす条件には、遺伝的な要因が大きく関わります。
家族や親せきでアレルギー症状のある人や気管支喘息などの病状の人がいると起こりやすいのです。
それは、免疫を過剰に働かせる、IgE抗体を作りやすい体質だからです。
また、皮膚のバリア機能低下の皮脂膜や細胞間脂質などの条件がそろっていると、アルゲンとなるハウスダストやダニ、埃などが皮膚細胞に入りやすくなります。
異物を排除するIgE抗体が過剰に産生され、その時にヒスタミンが放出されるのでかゆくなって掻いてしまうのです。
掻くことで皮膚の角質層が破壊され、アレルゲンがより入り込みやすくなって悪循環となります。
アトピーを発症抑制して、悪化を防ぐには角質層の破壊を防ぐことが大切なので、症状を悪化させないためにも掻く刺激を肌に与えてはなりません。

・フコイダンがアトピー性皮膚炎によいのは本当?

アトピー性皮膚炎になりやすい場合は、細胞間脂質や皮膚膜の量が少なく乾燥している時です。
そのような状態ではバリア機能は低くなり、皮膚はますます乾燥してきます。
そうすると外からの刺激が弱くなり、最終的に痒みを引き起こすことになるのです。
痒みを抑えるためには、お肌を保湿してバリア機能を整えることが大切です。
フコイダンの保湿ローションなどは低刺激で、伸びがよく長時間保湿を保つことができます。
肌のバリア機能を整えるには、保湿力の持続が一番大切です。
フコイダンの海藻類は、細菌や乾燥などから守る保護機能があります。
傷ついた部分を治す力を持った、ヌルヌルの粘り成分は紫外線から守る作用も期待できます。
肌にしっかり吸収して肌表面に滑らかな保湿保護膜を作ります。

フコイダンがアトピー性皮膚炎にもよいことがお解りいただけたと思います。
アトピー性皮膚炎になるとIgE抗体が過剰に作り出されるので、痒みを伴うアトピーを発症させるのです。

スポンサーリンク

PAGE TOP