フコイダンの力を応用している育毛剤の特徴と選び方とは

    
     

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

フコイダンは育毛にも効果があるといわれています。
育毛効果にフコイダンを応用した育毛剤はどのようなものがあるのでしょうか?
フコイダンを応用した育毛剤について詳しく見てみました。

・フコイダンを応用している育毛剤の特徴とは

フコイダンには頭皮の炎症を抑える効果や、頭皮の保湿を維持し正常に保つ効果や、毛根の毛母細胞に直接アプローチする働きがあります。
フコイダンを応用している育毛剤は、FGF-7(ヒトオリゴペプチド-5)と呼ばれるたんぱく質を作り出す効果があるのです。
海藻のねばねばした部分に多く含まれる食物繊維を食べたり、外用薬を頭皮に塗布したりするとFGF-7たんぱく質を作り出します。
FGF-7は別名発毛促進因子と呼ばれ、毛乳頭細胞において作り出されます。
フコイダンの効果がFGF-7を増やすため、この細胞の働きが盛んになります。
毛乳頭細胞の動きが活発になると、毛母細胞の細胞分裂の動きが活発化してくるのです。
毛母細胞の活性化は発毛の促進につながるのです。
フコイダンの育毛剤には副作用も少なく、大きな副作用はありません。
FGF-7は薄毛に特に関係があり、カゴメ昆布フコイダンはこれを450%活性化させることに成功しているのです。
結局薄毛になるのは髪の成長因子のFGF-7が不足していることに他なりません。

・フコイダンの育毛剤の選び方

上でも説明しましたが、薄毛はFGF-7の不足のためこれを増やす効果のある成分が良いことがお解りいただけます。
FGF-7の働きのあるカゴメ昆布フコイダンが、配合された製品を選ぶとよいでしょう。
育毛に欠かせない成分のFGF-7のFGFは、線維芽細胞増殖因子の23種類の中の一つです。
フコイダン配合の育毛剤は特許を取得しています。
薄毛は育毛の成長パターンのバランスが崩れることで起きるので、髪の毛の成長を正常にする必要があるのです。
また、脱毛シグナルのNT-4と呼ばれるたんぱく質の一種は毛髪の成長を束縛する物質です。
抜け毛を防止するのにビワ葉エキスを配合しています。
また、この脱毛シグナルの働きを弱める物質を、沖縄モズクの抽出物から見つかっています。
このことからフコイダンは単体でなく、Wフコイダンで低分子は育毛効果、高分子は頭皮の保湿からなるもので脱毛シグナルを弱める作用があるのです。
現在のところフコイダン配合の育毛剤は1種類しかありません。

スポンサーリンク

PAGE TOP