フコイダンで美髪は作れる?主なヘアケア製品の特長について

    
     

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

昔から黒髪を作るには、コンブを食べたら良いといわれてきました。
何故なのか解らないで昆布を食べていた人もおられるのではないでしょうか?
最近その理由が解り、フコイダンという成分が昆布やモズクに含まれ、美髪がつくられることが解ったのです。

 ・そもそもフコイダンで美髪は作れるの?

ホルモンバランスが崩れることで、頭皮を乾燥させフケや痒みが増え、ハリやコシが失われるボリューム不足の髪となっていきます。
フコイダンには毛乳頭細胞を活発にして増殖し、頭皮の乾燥を守って皮脂バランスを整える働きがあるのです。
海藻には各種ビタミンやミネラル、食物繊維がたくさん含まれ、あのフコイダンのねばねばは発毛の新陳代謝を正常化します。
フコイダンの中のFGF-7フコイダンは、育毛効果が特に強いです。
毛髪を作る成長因子を活性化して髪の毛を作り出し、毛母細胞の増殖を促します。
FGF-7は発毛成長因子で発毛のみの成長を促すたんぱく質の一種です。
人間のヘアサイクルの成長期を伸ばし、毛髪の育成期間を伸ばし、休止期に入った毛根より早く成長期に移行させる効果もあるのです。
白髪などの老化現象は細胞の損傷が原因です。
フコイダンを摂取することで、傷ついた細胞を修復し健康な黒髪の状態に戻します。
海藻には髪から作られる必要な栄養素のミネラルが入っています。
髪の毛はケラチンというたんぱく質からできていて、ビタミンやミネラルがケラチンをつくるのに必要です。
ミネラルには血行促進効果もあって、栄養が末端までスムーズに流れていきます。

・フコイダンの主なヘアケア製品の特徴は何?

髪の毛に良い昆布の成分はヨウ素とビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2フコイダンです。
フコイダンを摂取すると海藻ペプチドとなり、髪の生成に関わる成長因子を増やします。
その働きは毛母細胞の増殖、ヘアサイクルの成長期を延長、頭皮を保湿する成分が含まれているのです。
そこで主なヘアケア製品についてみてみます。
沖縄久米島の海洋深層水をベースに、天然由来成分・フコイダンを配合のシャンプー、ラフィーシャンプーなどがあります。
カゴメ昆布フコイダンは育毛剤にも入っていて、ヘアートリートメントやヘアケア製品に配合されています。
カゴメ昆布のLpLpha(ルプルプ)は高分子フコイダンが配合され頭皮を保湿して、乾燥や刺激から肌を守ります。
また低分子のものは毛穴の奥まで浸透し、成長因子が毛母細胞の活性化、毛乳頭細胞の活性化を行って毛髪の成長を促す働きをします。
薬用シャンプーや薬用トリートメント、頭皮クレンジングジェルなどの製品が販売されています。

スポンサーリンク

PAGE TOP