フコイダンの選び方とは?低分子や高分子など性能の違い

    
     

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

フコイダンが体によいことが解っても、どのようなことに注意しフコイダンの製品を選ぶとよいのでしょう。

さまざまな商品がフコイダンを含む商品として売り出されていますが、どの点に気をつけたらよいのか分かりません。

また低分子、高分子とフコイダンにはありますが、その違いは何なのでしょう。

・フコイダンを選ぶ注意点とは?

次の点に気をつけて選ぶとよいでしょう。

精製や抽出する過程で変化するので原料はあまり気にすることはありません。

また、低分子と高分子についても同じです。

引用量の目安純度は85%で一日1g~3g程度がよく、精製純度が85%のものを選び記載のないものは選ばないようにしましょう。

フコイダンの栄養表示の法律が緩く、会社の誠意で成り立っています。

高純度濃縮というイメージのみの説明やフコイダン何g配合と記載したものは選ばないことです。

沖縄モズクとトンガ産モズクの成分は変わらないので、価格の高いトンガ産のモズクを選ばない方がよいでしょう。

沖縄モズクは1995年ころまでにフコイダンとして発表され精製されたもので、他のフコイダンの根底にはこれを基にしていて間違いない原料です。

また、高純度の低価格商品ができるのは、アルギン酸が少ないためメカブより低コストで精製することができます。

トンガ産モズクはこの沖縄モズクより2~3倍フコイダンを含んでいるので一般食用としては優秀な商品です。

しかし、製品化の原料になると利点は沖縄の海よりもきれいな海で育ったということだけです。

でも、日数をかけて運んでくる間にモズクは劣化します。

沖縄モズクは養殖で海外よりも厳密な規格で育てられ、すぐに商品化できるので新鮮な商品となりますが、高価なトンガ産モズクはデメリットになります。

低分子フコイダンによく使用されていますが、精製純度や配合重量という記載がないのが目立ちます。

・性能として低分子と高分子の違いはあるの?

高分子は体にあまり吸収されなく、しかし摂取すると体内で機能を発揮します。

低分子は体にはすぐに吸収されますが、体内に入るとその機能は低くなります。

最近まで高分子のものは吸収されないと、研修者のほとんどの人が考えていました。

しかし、現在は高分子のフコイダンは吸収されることが解ってきました。

低分子化によってフコイダン自体の分子量を小さく切って吸収をよくしても、フコイダンそのものの成分を破壊してしまいます。

高分子であることでフコイダンの機能性をよくしているので、500程度の分子量を壊して硫酸基の結合が壊れ単なる多糖類となってしまいます。

フコイダンの選び方と、低分子と高分子についてみてきましたが、フコイダンの純度を書いてないものは選んではいけません。

また低分子がよいといわれていたが、高分子がよいと解ってきました。

スポンサーリンク

PAGE TOP